初めてでも安心!ビジネスローンオススメサイト

三角の画像

home > ビジネスローンについて > 赤字決算ではビジネスローンで借りるのは困難なのか

赤字決算ではビジネスローンで借りるのは困難なのか

 各シーズンの節目を迎えますと、殆ど全ての企業は決算手続きを行う事になります。
赤字か黒字かを含めて、売上数字などの計算を行う訳です。
確定申告なども、その1つです。
企業によっては、売上数字よりも出費の方が多いので、赤字になっている事はあります。
その売り上げの状況に関する客観的な数字を、公的機関に申告する訳です。
それに応じて税金が決まりますが、その際に決算書も提出する事になります。
ところでビジネスローンの申し込みをする時には、その決算書も提出する事になります。
ローンですから、もちろん金融関連の商品になります。
金融会社の商品を利用する時は、必ずと言って良いほど書類提出が必要です。
ですからビジネスローンで借りたい時には、まず金融会社に決算書は提出する必要があります。

 ところでお金を貸し出す金融機関としては、融資を希望する事業者の経営状況を確認しています。
ローン商品は、貸したお金を返済してもらう事で成立しています。
ですから金融機関としては、返済してもらわないと困る訳です。
上述の決算書を提出するのも、それが一因です。
貸し倒れになってしまいますと、金融機関が困りますから、経営状況などを確認する訳です。
経営状況が順調な企業ならば、ローンで貸し付けたお金も返済可能と見込まれるので、融資を受けやすくなります。
ところが企業の経営状況は、必ずしも順調であるとは限りません。
会社によっては、経営が赤字になっている事もあります。
上記でも少々触れた通り、出費が売り上げ数字を上回っている企業もある訳です。
赤字経営の場合は、ビジネスローンで借りるのは少々難しくなる傾向はあります。
赤字経営という事は、貸し倒れのリスクも若干高いと見込まれるからです。
ですから赤字の場合は、やや審査に通りづらくなる傾向はあります。

 ところが経営が赤字状態でも、そのローン商品で借りられる事もあります。
そもそも金融会社による審査基準には、複数あります。
経営状況だけを基準に、審査を行っている訳ではありません。
金融会社が一番気にしているのは、返済能力です。
返済が可能ならば、問題なく融資を受けられる事も多いです。
ところで決算書を確認してみますと、様々な要素が見えてきます。
たとえ赤字決算の企業でも、今後の売り上げ数字が高まる可能性が大なら、問題なく返済できると判断される事もあります。
つまり赤字決算でも、ローンで借りられるケースもある訳です。
たとえ赤字決算だとしても、金融会社に申し込みをしてみる価値はあります。
ただし、それも金融の会社次第です。
ローンの審査基準は、各会社によって異なるからです。
審査に通りやすい金融会社かどうかは、確認しておくと良いでしょう。