初めてでも安心!ビジネスローンオススメサイト

三角の画像

home > ビジネスローンについて > 事務手数料を基準にビジネスローンを選ぶ

事務手数料を基準にビジネスローンを選ぶ

 金融関連の商品を選ぶ時は、手数料は1つの基準になります。
もちろん手数料は、低いに越した事はありません。
金融の各会社は、それぞれ手数料の数字は異なります。
低いかどうかで、商品を選んでいる方々も多いです。
このためビジネスローンを選ぶ時には、金利は1つの基準になります。
数字を低く抑えたい時には、銀行がおすすめです。
そのローンで借りたい時には、主に2つ選択肢があります。
銀行もしくはノンバンクで借りる事になります。
後者のノンバンクは、融資は比較的速やかです。
数日程度で融資を実行してくれるノンバンクも、少なくありません。
その代わり、金利手数料は若干高めに設定されている訳です。
それに対して銀行の場合は、総じて金利は低めです。
ですから手数料は抑えたい時には、銀行がおすすめです。

 ところでローンで借りた時には、繰り上げ返済が検討される事はあります。
そもそもローン商品には、必ず返済期限があります。
毎月の20日などの日までに、借りたお金を返済する訳です。
しかし返済期間が長くなってしまうと、総じて手数料の負担額も高めになります。
そもそもビジネスローンは、手数料が1日単位で発生するからです。
返済期間が長引きますと、それだけ多くの手数料を支払う事になります。
ですから上述のように20日が返済期限ならば、7日や10日など早めに返す手段もあります。
資金に余裕がある時に、早めに返済を行っておけば、借りている期間も短くなるからです。
いわゆる繰り上げ返済です。
ただし、もちろん資金に余裕がある時に繰り上げをするのが望ましいです。
無理せずに繰り上げを行っていくのが、このローン商品のコツの1つです。

 ところで冒頭でも触れた通り、金融の各会社は手数料を設定している訳です。
それは何も金利手数料だけではありません。
上述の繰り上げの手続きを行う時にも、手数料が生じるローンもあります。
現に多くの銀行は、事務手数料を徴収しています。
1回繰り上げ返済を行う度に、1万円前後の手数料が生じる金融会社もあります。
ところで繰上げ返済は、何回も行っていく訳です。
1回につき1万円払う事になれば、手数料の総額も大きくなってしまいます。
ですから事務手数料が高いか否かは、ローン選びの基準になるでしょう。
ちなみにネット銀行は、総じて事務手数料を格安に設定しています。
逆に大手の銀行ですと、手数料がやや高めな事もあります。
事務手数料に対する出費は軽視できませんし、各社の数字はよく比べてみると良いでしょう。

次の記事へ