調剤薬局の譲渡案件について考える

時代背景などを考えることによって

今薬局の経営は大きな転換期を迎えていて、薬局を譲渡する場合やM&Aに応じる場合などが増えています。その理由として調剤報酬の変更や薬剤師の単価の上昇などが考えられます。大手チェーン店の台頭によって、中小の調剤薬局の経営環境は厳しくなっています。大手チェーン店は薬以外にも、様々なものを発売していて中小の薬局が対抗するには難しくなっています。薬局を取り巻く環境が変化していて、インターネット技術に対応する設備投資も必要で、人件費も上がっているので、薬局経営はさらに厳しくなっています。これからも譲渡案件を増加することが想定されています。薬局経営をする際には、時代背景などをよく考える必要があります。

どのような理由で売却を検討しているか

薬局の規模は個人経営か2店から10店までの規模の場合が多く、大手チェーン店と比較して経営が厳しい傾向があります。調剤薬局の経営が厳しくなっているのは、医薬分業率の停滞からも分かります。医薬分業率の停滞が示すものは新規の出店が少なくなっていることです。こうした背景によって、大手企業によるM&A案件などが増加しています。こうした理由で調剤薬局の市場は縮小していくことが想定されます。薬局の売却の理由として、店舗の閉鎖を避けたいという強い意志があります。経営者は店舗を残したまま、第三者に薬局を売却したいと考えている場合が多いです。周辺にはその薬局しかない場合が多くて、経営者が経営を終了してしまえば、利用者たちは離れた店舗にまで行く必要あります。こうした理由によって、M&Aや調剤薬局の譲渡案件は増加しています。

様々な理由を考えることによって

薬局の閉鎖ではなく売却する理由として、薬局は病院や診療所のそばにあることがあります。こうした薬局は医療関係機関と連携していますので、その薬局の意思だけで店舗を閉めることができないです。薬局を売却したりM&Aに応じることで、医療機関との繋がりを維持できます。薬局のM&Aを希望する理由として、新しいマーケット効率的に開拓できる点があります。M&Aによる買収によって、効率的に新しいマーケットを開拓できます。薬局のM&Aを行うと、従業員を確実に確保できます。薬局を売却すると、経営者としての体力的、精神的な疲労を軽減できますし、創業者利益も得られます。こうした理由によって薬局の売却M&Aは進んでいます。

関連記事

    関連記事はありません