早めにやっておきたい調剤薬局の譲渡手続き

調剤薬局の譲渡で必要になる対応

薬を販売する薬局は社会的な価値のある所ですが、後継ぎがいないなどの問題が起こる時があります。後継ぎがいないと経営の維持ができなくなるため、場合によっては閉店しなければいけなくなります。しかし閉店してしまうと地域の薬局がなくなってしまうので、それによるトラブルが発生するかもしれません。後継ぎがいないなどの理由で事業の継続が難しい場合は、誰かに権利を渡して問題を解決する方法もあります。権利を売却できれば利益を得られるため、引退後の生活資金を得られるメリットもあるので効果的です。別の人に事業を任せる時はどのように行うかが重要で、詳しく知っておかないとトラブルになるので気をつけなければいけません。特に重要になるのは役所への書類提出なので、どういう形になるか理解しておくべきです。

実は手間がかかる譲渡する手続き

経営していた調剤薬局を誰かに渡す時は、役所まで行って手続きをしなければいけません。権利の譲渡はかなり複雑な形になるので、早い段階で対応しておく必要があります。一から薬局を作るのと基本的には同じになるため、役所に認められるためには一ヶ月程度かかる時が多いです。そのため早めに対応していないとトラブルになるので、作業をする時は気をつけなければいけません。必要になる作業はまず保健所まで行って書類を申請しますが、どのようにするかは相談すれば教えてくれます。書類を提出して認められたら、今度は厚生局まで行って対応します。このような形で必要な作業をすれば問題ありませんが、手間がかかるので気をつけなければいけません。

実際に対応する時に注意すべき点

調剤薬局を誰かに渡す手続きをする時は、普通に行うと手間がかかりやすいです。しかし株の譲渡で権利を渡す場合は問題になりづらく、スムーズに対応できるケースがあります。規模が大きな薬局は上場して株を発行している時がありますが、そういう所だと手続きは簡単にすみます。しかし多くの薬局は個人経営なので、株取引を使った方法は利用できない場合が多いです。権利を渡す時は役所まで行って書類を提出しますが、大体一月程度はかかるので気をつけなければいけません。例えば新しい経営者に権利を渡して事業を始める時は、その一月前には準備していないと間に合わなくなります。調剤薬局は価値のあるビジネスなので、その権利を渡す時はやり方などを良く考えておくべきです。作業の支援をしてくれる会社もあるので、そのような所を利用して問題を解決する方法もあります。

関連記事

    関連記事はありません